2018年08月17日

こんばんは


今日は、子犬が子犬ママに
私達ことと、将来のことを

最近相談したみたいなのですが、
それについて書きたいと思います。







~さかのぼること1カ月程前~


まだまだバツイチ・子持ちを受け入れられず
生傷状態だった私。






『てか、再婚とかまだまだやと思うよ?

だって、子犬のパパとママも
たぶん心配してる。


前だって、だいぶ年上のお嫁さんやったし、
今回だって、私もちょっと年上やん』




子犬
『年齢は関係ないよ』





『あるやん?

前だってめっちゃ反対されたんやろ?


やのに結婚して、
離婚してるやん




子犬
『…うん、そうだね…‌』








私、辛辣(ー_ー)








子犬
『でも、そのとき父さんは、

5,6歳差だったらまだしも、
10歳以上は…って

言ってたよ。


だから、僕と独子は大丈夫だよ
ギリギリセーフ







『ほんまかいな。

心配やと思うで』





子犬
『年上が好きなわけじゃないもん。

たまたま年上だっただけで

そう思われるのは、本当にやだ






『…いやかも知らんけど、

話聞いたら、

誰もがそう思うと思うで。

年上好みの男の子







子犬
『ひぇ~』






(ー_ー)







『それに離婚してまだ全然日が浅いやん。

そんな段階じゃないと思うで。


たぶん、子犬
30歳ぐらいになるまでは、
ゆるしてもらわれへんのちゃうかな?



子子犬ちゃんも小さいし・・・』




子犬
『子子犬の年齢関係あるんかな・・・』






『(それはわからんから無視)

たぶん、ご両親は心配やと思うで』




子犬
『わかった。
一度、ママンに聞いてみるよ』




<続>



2018年08月16日

こんばんは

最近はまだ火星がきれいに見えてますね

この間、とある花火大会にいったら、
花火のあとに火星がきれいに見えました。


きれいやったなぁ…


花火は子犬‌と行きました。


彼は異常な花火好きみたいです。





もうすぐ、また私が海外に行きます

今度は半年ほど。


この間、
外食をしたときに
子犬‌に大丈夫か聞いてみました。


『半年間、お別れやけど
大丈夫‌』



子犬
『僕は本当に大丈夫。

今は、あんまり実感わかないから、
さみしくなるかも知れないけど、


気持ちは絶対変わらない。



自信あるよ‌』






バツイチ・子持ちが発覚する前と、
えらい違いです。





~発覚前の子犬‌~



子犬
『週に2回、
どうしてもあいたいんだけど…』



『忙しいからむりやわ。

1回でいい?』



子犬
『週に1回だと、

会えない時間が辛すぎるから、

それなら月1回の方がマシだよ

(プリプリッ‌)』





『えぇ~…どんな考え』




子犬
『恋人同士なら
それが普通だよ


僕の友達とかも、すごい共感してくれる。


独子がドライすぎるよ‌(しゅん‌)』






『(-_-)』










お、おん。
めんどくさいな。





あの頃と比べると、

子犬、大人になりました



むしろ私が、
わがままになった。









それから外食の帰り道、
遠距離のための心構えとして、

2人で、
LINEの動画で通話する機能を

試してみました。





子犬
『独子~っ‌』




スマホの画面に映る子犬




離れてる期間はこんな風に
画面でしか見れないのか…

とちょっと不安になったけど、






子犬
『これだと顔が見えるから
会ってるみたいだね


独子~‌』


とご満悦の子犬





子犬‌が平気そうなので、
私も大丈夫だと思うようにしました。











どうなることやら。



2018年08月15日

こんばんは

アラサーニートの独子です。





アラサーなんて
まだまだ余裕さっ


と定職に就かず
フラフラしておりましたら、




『うちの生活費を頭数で割ったら、
ひとり6万やねん。本来は。

どうぞ今月からよろしゅう









『…』









え。
(-_-)






ちなみに私は大学卒業後、

会社で働いたのちに、
ニートになってます。






この現在継続中の
ニート期間の初めの4年間は、

実家で
タダ飯食いをしてました。


(-_-)

実家最高と思ってたよね。








それで、5年目の今年から、
2万円入れてました。

すくな。





最近の手取りは、
複数の仕事を掛け持ちして、

毎月20万円前後。







少ないけどまぁまぁ貯金できました。
物欲低めなんで。







そういえは最近ある日突然、
親が私の将来を心配したのか、

通帳にお金、
振り込まれてました。


100万。








という流れからの、突然の

生活費6万円への値上げ。
(住居費、光熱費、食費込み)


どういうこっちゃ?
なんで100万くれた?








6万は1人暮らしするより、
だいぶ安い。







けどなんか
損した気分。

(゜-゜)







とりあえず交渉して
次の海外在住から帰ってきてからに
猶予してもらいました。


なのでまだ2万。
ひゃっほぉぉい

(-_-)







親ももう定年してる年やのに
まだパートしたりしてるしなぁ…


親不孝よなぁ…








今居候してる先の外国人達は
(まだ友達の家に滞在中)

朝から晩までびびるほど働いてて、
※合法です、一応書いときます※



私だけ彼らの家でゴロゴロ。


ご飯も作ってくれて幸せ


じゃねぇわ。






子犬‌のバツイチ・子持ち事件と
実家生活費値上げ事件の

ダブルパンチがきたのは







『あんたもうちょっと
がんばりなはれ』


っていうお告げなのかも


がんばるよ、明日から






この生活費値上げの件を
子犬‌に話したら


子犬
『うちの家は
いつでもあいてるで~
‌(にこにこ)』










(-_-)








今の状況で

子犬‌だけには頼りたくない。

頼らない。


それだけは決心しました。







最近とりたい資格とつきたい仕事が
できたので、

それに向けて猛勉強しようと

居候先の天井を見上げながら
決心しました。










まず、起きろ。


居候先のデフォルトの姿勢
→寝転び










はぁ~
幸せだ~



(-_-)がんばります。












明日から。


sasuraihitorimono at 20:00コメント(0)
私の親のこと 
ギャラリー